フードプロジェクトジャパンの想い

消費者目線を大切にしながら売上を伸ばしたい企業の「売れる商品開発」を支援

日本の食を応援、日本の企業を応援、日本の健康を応援
―メディアでも活躍中の食のプロフェッショナルがコンサルティング支援します―

日本には、パワーのある食材、伝統的な和食食材、陽の目を見ずに埋もれている食材が沢山あります。そして、忙しい毎日を送る現代社会には、日本のパワーある食材がとても大切です。忙しい毎日を送る人にこそ、正しい情報が届いていない現状もあります。
商品開発・プロモーション等、日本に必要な食のプロジェクトにより、その両方の架け橋となる活動を続け、企業の皆様には利益を、消費者の皆様には健康的でおいしい商品や食べ方が届くよう、食のプロフェッショナルチームで支援を続けてまいります。

【ヘルシーコンセプト×女性視点×専門家】の視点を生かし、地方に埋もれている売れない商品開発に悩む企業と消費者の架け橋となるコンサルティング。
そして、一商品の開発に留まらず、各部署や企業様が永続的に成長し続けられるよう、現場スタッフの教育・モチベーションアップもしながら、売上を上げるためのアドバイザーとして社外の専門家プロフェッショナルとして売上を上げたい、新しい顧客へとファンを拡げたいと願う企業の皆様方の支援ができたらと考えております。

代表メッセージ

story

食に悩んだ過去

コンビニ向けの商品開発で成功したのに、身体が戻らないつらい日々

私自身、13歳の時にりんごダイエットをして3日で3kg痩せたものの、その飢餓感からたった1日であっという間に3kgリバウンド。それから食欲のコントロールが効かない身体になってしまい、痩せてはリバウンド痩せてはリバウンド…を繰り返しながら、大学を卒業後、食品商社兼メーカーに入社して2日目から世界の鮭の10%のシェアをコンビニに向けて開発するという使命を背負い、朝から深夜まで毎日働きました。忙しさから食もおろそかになり、無理なダイエットと過労が重なり、身体はボロボロに。24歳の時には救急搬送されてしまいました。大手コンビニで「トロサーモン」「鮭トロ」というおにぎりのヒットを生み出した喜びも束の間。体と心がついていかず、救急搬送されてから体調が戻らない時期が3年続きました。

商品開発、新規事業立上げを経験する中で

がむしゃらにやるだけでは、だめだコツを知ってから

管理栄養士になったにもかかわらず、就職した先で24歳で救急搬送されてからは体調が戻らず、あらゆるダイエットもうまくいかず、仕事も辞め、本当につらい時期を過ごしました。その後、あらためて商品開発や事業開発、食について学び見直し、研究しつづけた結果、最後にたどり着いたのは、体系化すること。世界観を描き、リサーチを重ね、単なるリサーチだけでもなく、オリジナルの要素を入れて、商品を出して終わりにしないこと。売れる/売れないの違いは本当にちょっとした差です。ちょっとしたコツを入れることで、携わらせていただいた数々の事業を成功に導くことができるようになりました。

また、その後もコンビニ・量販店向け商品開発、新規事業立ち上げに携わり、沢山の食の仕事を通じて、商品の大ヒット、まだあまり知られていなかったおからパウダーが売切れ続出となるおからパウダーなどの食のブーム、アスリートが活躍する影の大切な学びとなるアスリートフードマイスターの立上げなど、あらゆる食のサポートしてきました。

日本を食から健康にしたい

For JAPAN

いま経済が多様化し、忙しく働いている人達が多い中で、心身ともに不健康になるケース、生産性が落ちているという悪循環に陥っている現状もあります。
食には心身の健康をサポートするチカラがあり、日本にはまだまだ埋もれているパワーあふれる商品や食材が沢山あると感じます。

地方に埋もれている商品や食材、そしてそのようなパワーあふれる商品を求めている消費者の架け橋となれるよう、食のチカラを通して、人の健康、会社の健康、日本の健康を作り、消費者・企業・日本のために食でできることの限界にチャレンジしていきたいと考えています。

そして、売れなければ、続かない。それが商品開発の世界です。商品開発を通じて、体に良いものづくりをしている企業様のために、食・栄養を最大限生かした”売れる商品開発””売れるメニュー開発”サポートにより、売上に貢献することで、消費者にとっても企業にとっても、日本の農業にとってもwin-win-winになる、健康な食を通した企業と農業と消費者の「医・食・農」の架け橋となるサポートをしたいと考えています。

代表者

profile

岸村 康代Yasuyo Kishimura

フードプランナー/管理栄養士
商品開発コンサルタント
一般社団法人 大人のダイエット研究所 代表理事、野菜ソムリエ上級プロ
大妻女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、大手コンビニ向け商品開発、病院での指導などを経て、独立。病院やメタボリックシンドローム指導の現場で栄養指導をしてきた経験や新規事業・新商品開発の立ち上げや野菜ソムリエ上級プロなどの資格を生かし、商品開発、新規事業開発、講師、メディア出演など、多方面で活躍。大人のダイエット研究所では、食物繊維や和食食材に着目した『繊活』プロジェクトや、食べないリセットではなく食べるリセットをテーマにした『リセットごはん®』商品のプロデュースなど、企業の商品開発や消費者への啓蒙活動など、企業と消費者の架け橋として、忙しい大人が無理なく健康になるためのおいしくて体にいい食の推進を行っている。
<所属学会>
日本栄養士会/東京都栄養士会、日本栄養改善学会
日本食品科学工学会、日本抗加齢医学会、日本肥満学会
日本栄養・食糧学会、日本臨床栄養学会、日本食物繊維学会
<主な実績>
日本野菜ソムリエ協会認定講師/新規事業部アドバイザー
新宿調理師専門学校非常勤講師
大妻女子大学食物学科管理栄養士専攻にて講演
津田塾大学『総合』講師
<主なメディア実績>
NHK総合テレビ『あさイチ』
テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』
日本テレビ『ヒルナンデス!』
TBSテレビ『名医のTHE!太鼓判』
フジテレビ『とくダネ!』 など、人気番組への出演多数。
農林水産省優良外食産業審査委員
新宿調理師専門学校 理事

著書紹介

運営

INFO

商号

フードプロジェクトジャパン

代表

岸村 康代

所在地

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-26-11-2F

web

https://kona-project.jp

PAGE TOP